• メタ情報

  • 印紙税の節約方法

    税金節約の基本

    月曜日, 12月 14th, 2009

    こんにちは。印紙税について、今日は今年の総まとめ!印紙税を節約する基本についてお話ししましょう。印紙税の節約、つまり、書類に貼る印紙の金額を下げたいわけですが、みなさんもご存知だと思いますが、
    ■手形の場合は、複数枚に分ける。
    ■領収証の場合は、本体金額と消費税金額を分ける。
    という方法がよく知られていると思います。ですが、印紙税を節税するために、手形を複数枚に分けるときは、その分け方には注意が必要です。
    もしも、手形金額が3,500万円だったとき、これを1枚にすれば、印紙税は1万円になります。
    この手形金額を分ける時、
    3,000万円と500万円に分ければ、印紙税は全部で7千円になります。
    しかし、1,750万円×2枚に分けると、印紙税は8千円になることに。
    また、手形金額が5,000万円のケースだと、1枚なら印紙税は1万円ですが、
    2,500万円×2枚にすると、印紙税は全部で1万2千円。逆に増えるケースもあるので注意してください。
    次は、領収証の印紙税について。
    「領収金額105万円(消費税等5%を含む)」という表記にすると、本体価格は100万だと計算すればわかるのですが、『本体価格が明記されていない』という理由で、印紙は100万円超、200万円以下の適用となり、400円となってしまいます。
    ですから、このケースだと「領収金額105万円(うち消費税額5万円)」と書けば、本体価格は100万円と認められ、100万円以下の200円の印紙税で済むことになりますよ。些細なことですが、注意してくださいね。

    印紙税の節約方法③

    土曜日, 6月 28th, 2008

    ~契約書には、本体価格と消費税を分けて記載する~
    消費税の記入の方法でも、少し書いてありますが
    例えば、消費税込みの金額が1008万円の場合でしたら、
    その金額だけを記載すると印紙税は1万5000円かかります。
    ところが「本体価格960万円、消費税48万円」と分けて記載されている場合には、印紙税は1万円に抑えられます。
    なかなかお得な方法ですよね
    消費税の記入がしっかりと記載するようにしましょう。
    節約できるところは、しっかり節約しましょうね。

    印紙税の節約方法②

    月曜日, 6月 9th, 2008

    ~契約金額を分割する ~
    たとえば工事請負い契約の金額を分割することで、合法的に印紙税を節約するという方法もあるようです。
    工事代金が1000万円なら印紙税は「500万円超1000万円以下=1万円」かかります。
    これに対して「300万円超500万円以下=2000円」
    ですから、500万円の契約書を2通用意すれば、「2000円×2通=4000円」に抑えられます。
    なるほど目からウロコの節約方法なのですね。

    印紙税の節約方法①

    日曜日, 6月 1st, 2008

    印紙税も、契約金額によっては、けっこうかかってしまいます。
    ここで節約方法をお教えします。
    ~印紙税の節約方法~
    契約書の印紙枚数を節約します
    売買契約などの場合には、契約書を2通作って、売り主と買い主がそれぞれ1通ずつ持つのが一般的なのですが、このようにしていては契約書1通ごとに印紙税がかかってしまいます。
    このような場合には、契約書を1通しか作らずに(残り1通はコピーする)、1通分の印紙税を節約するという方法があるようです。
    その際、それぞれの印紙代は買い主と売り主が折半するのです。
    契約書の原本には買い主が、コピーの分を売り主が持つのがよろしいかと思います。
    住宅ローンを申し込む際に、売買契約書の原本を提示の義務がありますので、買い主がコピーしか持っていない場合だと不都合が生じますので。
    (ただしその時には、コピーした副本に署名押印をしてしまいますと、それ自体が正式な契約書とみなされてしまい印紙を貼らなければいけなくなるので注意が必要です)