• メタ情報

  • « 領収書の記入の仕方 | Main | 印紙税の歴史 »

    印紙税の金額

    By 税バロン税 | 5月 21, 2008

     法律に定められた課税文書を作成する際には、印紙税法といって1通ごとに印紙税を払う必要がでてきます。
    印紙税とは、契約書に必要な金額の収入印紙を貼って消印することで支払うことができます。
     また不動産に関係する契約書としては、マイホームを購入時に売買契約、建築を依頼するときに工事請負契約、住宅ローンを借りるときにも金銭消費貸借契約などがあります。
     契約の種類と契約書に記載された金額によって税額が異なってきます。
    以下に一覧でまとめてみました。

    1万円以上~10万円以下の場合  200円(ローン契約、売買契約)  
    10万円超~50万円以下の場合   400円(ローン契約、売買契約)  
    50万円超~100万円以下の場合 1000円(ローン契約、売買契約)  
    100万円超~200万円以下の場合 2000円(ローン契約、売買契約)  
    200万円超~300万円以下の場合 2000円(ローン契約、売買契約)  
    300万円超~500万円以下の場合 2000円(ローン契約、売買契約)  
    500万円超~1000万円以下の場合 1万円(ローン契約、売買契約)  
    1000万円超~5000万円以下の場合 2万円(ローン契約) 1万5千円(売買契約)
    5000万円超~1億円以下の場合   6万円(ローン契約) 4万5千円(売買契約)

    また国や地方公共団体やその他、税法で非課税団体に指定されている機関との契約書には、印紙税がからないことに定められています。

    Topics: 印紙税あれこれ |

    Comments are closed.