• メタ情報

  • « 印紙税の節約方法② | Main | 税についての知識を »

    印紙税の節約方法③

    By 税バロン税 | 6月 28, 2008

    ~契約書には、本体価格と消費税を分けて記載する~

    消費税の記入の方法でも、少し書いてありますが
    例えば、消費税込みの金額が1008万円の場合でしたら、
    その金額だけを記載すると印紙税は1万5000円かかります。
    ところが「本体価格960万円、消費税48万円」と分けて記載されている場合には、印紙税は1万円に抑えられます。
    なかなかお得な方法ですよね
    消費税の記入がしっかりと記載するようにしましょう。

    節約できるところは、しっかり節約しましょうね。

    Topics: 印紙税の節約方法 |

    Comments are closed.