• メタ情報

  • « 印紙税の金額 | Main | 印紙税の節約方法① »

    印紙税の歴史

    By 税バロン税 | 5月 29, 2008

    不動産の売買契約書や領収書などには収入印紙が使用されていますが、しかし、細かな規定までも詳しくご存じの方もすくないことでしょう。
    印紙税に関する “知識” をまとめてみます

    印紙税の歴史は古く1624年に世界で初めてオランダで誕生しました。
    そのときは戦争費を調達を目的としたものでした。
    そして印紙税が日本に誕生したのは1873年の事になります。

    不動産等の譲渡契約書、土地の賃借権設定等の契約書、消費貸借契約書、運送契約書 ・請負契約書 ・約束手形、為替手形 ・株券、出資証券、社債券、投資信託等の受益証券 ・合併契約書、分割契約書、分割計画書 ・定款 ・継続的取引の基本契約書 ・預貯金証書 ・貨物引換証、倉庫証券、船荷証券 ・保険証券 ・信用状 ・信託契約書 ・債務保証契約書 ・金銭、有価証券の寄託契約書 ・債権譲渡契約書、債務引受契約書 ・配当金領収証、配当金振込通知書 ・金銭又は有価証券の受取書 ・預貯金通帳、信託通帳、銀行・無尽会社の掛金通帳、生命保険会社の保険料通帳、生命共済の掛金通帳

    等いろいろなものに使われています。

    Topics: 印紙税あれこれ |

    Comments are closed.