• メタ情報

  • « 印紙税はきちんと納めましょう | Main

    印紙税がかからない文書とは

    By 税バロン税 | 9月 14, 2010

    印紙税がかかるのは大事な文書の場合と認識はしていますが、作成した文書がとっても大事だと思っていても、必ずしも印紙税がかかるわけではありません。
    そんな文書のことを不課税文書といっています。
    例えば、
    契約した当事者以外の相手に提出する文書や、同一法人の中でかわされる事務的処理に必要な文書などがそうです。
    例にあげると、不動産売買の契約書などで直接関係のない相手に提出する文書や、法人の本店や支店の間で交わされるような事務的に必要となる文書などがこれにあたります。
    もちろん本店と支店で約束手形などの場合はもちろん印紙税が課税されます。

    無駄な印紙税を支払っていないか確認してみましょうね。

    毎日、民主党の代表、すなわち、首相が誰になるのか・・・・とニュースが続いていましたが、ようやく本日決定しますね。
    世論調査では管さん支持が8割だとかニュースでやっていましたが、先程yahoo!のアンケート結果みたいなのを見ましたが、小沢さんの方が僅かな差ではありましたが支持されていました。
    マスコミの発表もいい加減なもので、いつも踊らされている感じがします。
    やはり小沢さん支持ということは、リーダーシップや実行力を求めているのかと思います。
    管さんは誠実そうではあるけれど、政策もあやふやだし、実行力やリーダーシップといった面では微妙かなと。
    でもお金の問題がまだまだ残る小沢さんが首相になって、今後どうなるのかといった心配もあるでしょうし。
    どちらがなっても微妙な気がします。

    Topics: 印紙について |

    Comments are closed.