• メタ情報

  • Main | 印紙税にまつわる話し  »

    印紙税の節税

    By 税バロン税 | 5月 7, 2008

    家の建築を依頼するさい、または建築を依頼する場合に建築会社との間で『請負契約書』を取り交わします。
    この時にかかってくる税金が『印紙税』なのです。
    請負契約書には、工事請負契約書、工事注文請書、修理承り書、広告契約書などの種類があります。
    なお、印紙税は契約書に記載された内容により取扱いが異なってきます。
    税額は、いずれも契約書に記載された契約金額により違ってまいります。
    このばあいは通常『請負契約書』は2通作り、依頼側と請負側に1通づつ保管します。
    しかし、1通のみ作成して依頼主側がコピーを保管することで『印紙税代』を2分の1に減らすことが可能なのです。
    印紙税もバカになりませんのでこうして節税をします。

    Topics: 印紙税の節税 |

    Comments are closed.